太陽系には地球のように水のある星が数多くある

実は太陽系には地球のように水のある星が数多くあるのだそうで、水があるのだから生命が存在している可能性も十分考えられるのだそうです。

太陽系残しといえば惑星だけでなく、衛星や準惑星も数多く存在しており、水は存在して生命もいる可能性がある星から生物を育む可能性のない水も分類されているそうです。

準惑星のケレスや冥王星、衛星のエウロパ、エンケラドゥス、ミマス、トリトンは、地球のように生命が存在している可能性のある水が、ある可能性が考えられるそうです。

それと逆に水が存在するけれども、生物は存在できない水の状態だと考えられるのが、衛星のガニメデ、カリスト、タイタンではないかと考えられているそうです。

もちろん今後の調査によって、それぞれの状況が変わってくる可能性もありますが、太陽系だけでもこれだけ生命の存在が可能である可能性がある星が多数あるのですから宇宙考えで考えると、かなり存在すると思われます。